ペニスの成長に成長ホルモンが関係しているって本当?

子供の成長への効果に注目されがちな成長ホルモンですが、ペニスの成長にも使用される成分です。どのようにペニスの成長に成長ホルモンが関わってくるのか、どうすれば成長ホルモンの効果をじゅうぶんに発揮していけるのかなどの情報をまとめました。

ペニスと成長ホルモンの関係。30代~でもサイズアップ!

8f0132558c7a57122dec6519c2ce078d_s

ペニス増大といえば男性ホルモン(テストステロン)の分泌が大事であることはよく知られていますが、
実は成長ホルモンもペニスの増大に関係があることは、知らない人も多いんじゃないでしょうか。

成長ホルモンは名前の通り、成長期に多く分泌され骨の成長に働きかけ身長を伸ばします。
この作用はよく知られていますが、

他にも筋肉の増加や脳以外の体内器官の成長、代謝の促進など様々な効果を持っています。

ペニス増大のキーになる海綿体組織の成長に、この成長ホルモンをうまく使えれば
30代以降でもしっかりとペニス増大を目指していくことができます。

ただ、20代中盤から成長ホルモンの分泌は落ちていってしまいます。
30代~40代で成長ホルモンの分泌料は半分以下になり、

せっかく分泌された成長ホルモンも、疲労や抵抗力の回復などに使われるため、
海綿体組織の成長にはなかなかつながりません。

そのため、成長ホルモンをペニス増大に活かすためには

・分泌される量を増やす
・増大に成長ホルモンが回るようにする

ということに気をつけていかないといけません。

成長ホルモンを十分に分泌させるためにはどうすればいいのか

成長ホルモンを十分に分泌させるためになにができるのか。

まずかんたんにできるのが運動(筋トレ)と睡眠による、
成長ホルモンの出やすい習慣を身につけることです。

負荷の高い筋トレを行うと、筋肉を修復するために成長ホルモンが分泌されます。

また、成長ホルモンは眠りについてから3時間によく分泌され、
22時~2時の間には特にその傾向が強まります。

そのため、できるだけ上記の時間帯に睡眠を取るように心がけ、
熟睡できるようにすることで、成長ホルモンの分泌が促せます。

それも難しい、という場合はサプリメントで補うことも可能です。
成長ホルモンの分泌を助けるために、補いたい成分がアルギニンです。

アルギニンは安全性と効果の高さから、
子供向けの成長サプリなどにもよく使われており、

多くの増大サプリでも利用されています。

バリテインの公式サイトを見るとわかりますが、
シトルリンと一緒にアルギニンもしっかり入っていますね。

血行の促進のためのシトルリン、
そして成長ホルモンの分泌促進のためのアルギニン。

ペニス増大に必要なファクターを調べていくと、
そのために摂っておきたい成分が、バリテインにしっかり含まれているのがわかります。

あとは、その効果を十分に発揮させるために、
筋トレや良質な睡眠の習慣を身につけていきたいですね。

まとめ

成長ホルモンは成長期にだけ分泌されるものではなく、
また身長にだけ作用するものではありません。

ペニスの海綿体の成長にじゅうぶんな成長ホルモンを回すために、

・運動や睡眠といった、成長ホルモンの分泌を促す習慣
・成長ホルモンの分泌を促進させるアルギニンの摂取

この2つを心がけていきましょう。

 

>>バリテインの最新情報は公式サイトへ

サブコンテンツ

このページの先頭へ